2016年04月18日

興信所・紋別市のブログ 離婚裁判についての話

(株)アイシン興信所  代表の高橋です。

当社は紋別市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

今回は離婚裁判についての話。

当社は様々な浮気調査の依頼をいただきます。

その中には訴訟(裁判)になるケースもあります。

最近、非常に強く思うのは裁判官の状況の精査能力の低さです。

裁判官の人事評価で一番、重要な事が

「担当事案の処理能力」と言われています。

どれだけの審判を処理したか?

ですから「たかが離婚裁判」。

とっとと片付けてしまおうと思っているのか?

「たかが離婚裁判」との意識を感じるのです。

原告の心の傷をさらけ出して提出した陳述書をほとんど読んでいない。

裁判を傍聴していると、依頼者である原告が

事前に提出してある陳述書をまるで読んでいないことが分かります。

足利事件のような社会の注目を集めている

裁判でさえ、あのずさんな内容である。

たかが「離婚裁判」だとの感覚なのだろうか?

人が人を裁く難しさは相当なものであろうと思います。

だが、それでも裁判に救いを求めている当事者には一生の問題です。

このブログを読んでいただいた方へ。

できれば裁判の傍聴に行ってください。

一人ひとりの意識が裁判の公正を維持することになると思います。




(株)アイシン興信所 紋別市ホームページ
posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 紋別 | 更新情報をチェックする