2020年06月20日

興信所・札幌のみちくさ話 調停をすることのメリット、デメリット

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


配偶者の浮気問題などで離婚を考えている場合、


まずは調停にかけることになります。


調停は互いの主張を調整することが前提で


法的な強制力を行使するものではありません。


調停をすることのメリットとしては


開き直る相手と直接、話し合わなくてよい・・・


ある程度の法的根拠で調停員が相手を説得してくれる・・・


不調に終わった場合、速やかに訴訟に以降できる・・・


デメリットとしては


調停員の主観が反映されすぎる場合が多い・・・


確実に調停が成立するとは限らない・・・


調停員によっては法律知識が低い・・・


いずれにしても夫婦間の離婚問題は訴訟の前に調停をしなければなりません。


また調停の段階から弁護士を介入させておくこともできます。


ですが調停に大きく期待をしすぎるのも考え物です。


探偵はハッキリと言います。


配偶者の浮気問題で離婚を考える場合、


調停、訴訟、法律、弁護士などに頼るのではなく使いこなすものなのです。


アナタの負けないという強い意志が結果を大きく左右するのです。





posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする