2020年09月10日

札幌市・興信所のみちくさ話 浮気の習慣性

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


今回は浮気夫の習性について。


例えば夫の浮気が発覚する。


妻は夫に浮気を止めるように何度も頼んだ。


だが夫は「俺が何をしようと関係ないだろう」


「もうお前のことは愛していない」


「離婚した方がお互いのためだ」等など開き直りと逆ギレを繰り返す。


妻は悩んだ末に離婚の方向性で夫に話をしていく。


「アナタとは離婚をします」


「来週、弁護士に離婚の件について相談してきます」


「来週、実家に帰ります」等と夫に言うと今度は夫の態度に変化が出てきた。


「お前、男でもできたのか?」


「俺は離婚するつもりはないからな」


「浮気は止めたと言ってるだろう」


態度が一変したのであった。


まったく身勝手なものである。


今までは自分が浮気をして妻を捨てる気でいたが


妻が離婚に進み始めると今度は自分が捨てられるような気がしてきたのだろう。


探偵はハッキリと言います。


浮気で薄っぺらな自尊心を満たしてもそれはメッキなのです。


すぐに剥がれてしまいますよ。




posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする