2020年10月12日

興信所・札幌のみちくさ話 一度、家庭を捨てるものは何度も捨てる

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


私は長年、探偵という仕事をさせていただき、実感することがあります。


不倫の末の結婚は不倫で終わることです。


例えばある女性が妻子ある男性と恋に落ちる。


その男性はその時の奥さんと離婚を画策する。


自分の浮気をバレナイようになんとか離婚を成立させる。


その後、その女性は男性と結婚をした。


数年後、この男性は離婚を切り出してきた。


「性格が合わない」


「お互いに憎しみ合う前に離婚しよう」


「君のことを好きだからこそ離婚したいんだ」等など。


不自然な理由をならべ、離婚を強要してくる。


調べてみるとやはりこの男性は不倫をしていた。


不倫は繰り返すのです。


何も神様が因果応報を与えたわけではありません。


理由は簡単です。


この男性は本来、人間として持つべき責任感が欠落しているのです。


一度、家庭を捨てる人間は何度も捨てるのです。


探偵はハッキリと言います。


誰かから奪った恋愛はまた誰かに奪われるのです。




posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする