2020年06月30日

探偵・札幌のよりみち話 離婚?仮面夫婦?

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


今回は離婚と仮面夫婦の話。


配偶者の浮気が発覚する。


相手は開き直りと逆ギレ。


アナタは怒り、不安など色々な感情が押し寄せてくる。


離婚するにも不安がある・・・


子供も小さい・・・


だが浮気をして開き直る相手も許せない・・・


ここでの選択肢は二つです。


離婚をするのか? 


仮面夫婦でいるのか?


どちらが正解ではなく、決めるのはアナタなのです。


そして離婚をするのなら離婚する覚悟を決める。


仮面夫婦を続けるなら仮面夫婦の覚悟を決める。


人生のすべての選択は自分自身の責任です。


どの選択が正解ではなく、アナタが決めたことが正解なのです。


決めたからには後悔しない。


たかが探偵のアドバイスでした。




posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

探偵・札幌市のみちくさ話 不幸な家庭にしがみつくことはやはり不幸

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


今回は孤独への恐怖について。


とくに男性(夫)に多いのが一度、家庭を持ってしまうと


その家庭がどんなに不幸であっても失くすのが怖いのです。


例えば妻の浮気が発覚する。


妻は家事を一切せずに外出、外泊を繰り返す。


夫がそれを問いただすと逆ギレと開き直り。


「アンタに言われる筋合いはない」


「アンタなんか早く出てけ」


「アンタの顔など見たくもない」など


おおよそ妻とは思えない発言をするのである。


普通であれば夫が強くそれを正すのだが


離婚をするのが怖いため言えないのである。


探偵はハッキリと言います。


離婚という孤独への恐怖のために


不幸な家庭にしがみつくのはやはり不幸なことです。


孤独の向こう側にアナタの幸せが待っているのです。




posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

興信所・札幌のみちくさ話 調停をすることのメリット、デメリット

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


配偶者の浮気問題などで離婚を考えている場合、


まずは調停にかけることになります。


調停は互いの主張を調整することが前提で


法的な強制力を行使するものではありません。


調停をすることのメリットとしては


開き直る相手と直接、話し合わなくてよい・・・


ある程度の法的根拠で調停員が相手を説得してくれる・・・


不調に終わった場合、速やかに訴訟に以降できる・・・


デメリットとしては


調停員の主観が反映されすぎる場合が多い・・・


確実に調停が成立するとは限らない・・・


調停員によっては法律知識が低い・・・


いずれにしても夫婦間の離婚問題は訴訟の前に調停をしなければなりません。


また調停の段階から弁護士を介入させておくこともできます。


ですが調停に大きく期待をしすぎるのも考え物です。


探偵はハッキリと言います。


配偶者の浮気問題で離婚を考える場合、


調停、訴訟、法律、弁護士などに頼るのではなく使いこなすものなのです。


アナタの負けないという強い意志が結果を大きく左右するのです。





posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする