2020年06月16日

札幌市・探偵のよりみち話 養育費をあてにしない・・・覚悟


(株)アイシン探偵事務所 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


今回は離婚の覚悟・養育費について。


北海道も雪解けが進み、日々、春を感じられる日が続いています。


冬の間に悩み続け、春とともに離婚という人生の再スタートを歩む。


ですが離婚においての覚悟も必要です。


例えば夫の浮気が発覚する。


夫は開き直り、そして逆ギレをする。


夫婦間での話し合いがつかず、調停にて離婚が成立する。


親権と観護権は妻が得る。


夫は毎月4万円の養育費の支払いを約束する。


そして妻は離婚後は自分のパート収入と養育費で生活設計を立てる。


だが養育費を生活設計に組み入れるのは危険です。


例えば相手がリストラにあって失業・・・


転職のため大幅に収入が減少する・・・


再婚をしたための養育費の減額申請・・・


様々な要因で当初の金額が支払われないことを想定しなければなりません。


また養育費を払わずに逃げる夫も珍しくありません。


探偵はハッキリと言います。


離婚をする覚悟の一つは養育費をあてにしないこと。


養育費は子供のための積み立てにするくらいの人生設計が必要なのです。




posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

探偵・札幌市のよりみち話 浮気調査をいるするのか?

(株)アイシン探偵  代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


今回は浮気調査をいつするべきかについて。


まず離婚が成立後に相手の浮気が発覚し、


仮にその証拠を得たとしても「遅い」のです。


婚姻関係中の浮気証拠であれば相手を訴えることは


机上の上では可能ですが、実際にはやるだけ無駄です。


また別居が長期化してからの浮気調査も適切ではありません。


例えば夫と別居をしてから2年が経過する。


その後、噂で夫の浮気話が耳に入る。


そこで別居中の夫の浮気証拠を得る。


そして妻は「許せない」と離婚と慰謝料を請求する。


だが夫は別居2年の関係を強調して


「すでに婚姻関係が破たんしていた」と主張してくる。


やはり浮気調査のタイミングとしては遅いのです。


探偵はハッキリと言います。


浮気調査をいつするのかは


アナタが浮気問題と戦う覚悟を持ったとき、


そして早い段階での調査が望ましいのです。


浮気問題の先送りは問題が困窮する場合が多いのです。




posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

札幌・探偵のみちくさ話 一人で生きる覚悟

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


今回は一人で生きる覚悟について。


例えば夫の浮気が発覚する。


相手の逆ギレや開き直りなど紆余曲折があり、離婚を決断する。


だがここでもう一つの決断をして下さい。


離婚後はまず一人で生きていく決断です。


離婚後は寂しさのあまり、人恋しくなります。


ですがその寂しさの中で出会う恋には落とし穴が多いのです。


本来であれば分かる相手への違和感を


寂しさという感情が覆い隠してしまうのです。


探偵はハッキリと言います。


まずは寂しさの克服が大切です。


離婚後はまずは一人で生きていく覚悟をして下さい。


そして一人で生きていくことができて


本当に出会うべき人と出会うことができるのです。




posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする