2020年05月12日

探偵社・札幌市のよりみち話 離婚のときの罠・・・

(株)アイシン探偵社 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


今回は養育費の罠について。


例えば夫の浮気が発覚する。


離婚を前提に調停にて話し合いを続ける。


夫はとにかく早期の離婚を要求してくる。


「慰謝料は分割で要求額を払う」「養育費も要求額を払う」と


妻側の要求を承諾するのである。


妻も結局、離婚を承諾し、調停において離婚が成立する。


だがこれは夫の罠であった。


なんと浮気相手の女性が妊娠をしていたのだ。


夫はそのためにも早く離婚を成立させたかったのだ。


3ヶ月後、妻の元に養育費減額調停の申し立て通知が届く。


元夫が結婚ならびに出産のため、


支払い能力低下においての養育費減額の要求であった。


当初の養育費の金額事態が妻の要求金額であったため相場より高めの設定であった。


その後、調停で元夫の要求はほぼ認められた。


おそらくこの元夫は最初からこの計画だったのだ。


・浮気相手が妊娠して早く離婚を成立させたい。


・妻側の要求を全て受け入れる態度を取る。


・その後、浮気相手と結婚、そして出産。


・養育費の減額請求を申し立てる。


探偵はハッキリと言います。


離婚においては思いもつかない罠があるかもしれません。


くれぐれも様々な方向性を視野に入れて下さい。




posted by 札幌探偵 at 13:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする

札幌市・探偵のみちくさ話 「だいじょうぶ」という魔法の言葉

(株)アイシン探偵 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


今回は「だいじょうぶ」という魔法の言葉について。


例えば・・・


奥さんの不審な行動が続き、ご主人から奥さんの浮気調査を依頼される。


探偵が調査を行うとやはり奥さんは浮気をしていた。


ご主人が浮気の事実を告げると奥さんは開き直りと逆ギレをする。


挙句の果てに小さな子供を置いて家を出てしまう。


その後、ご主人は朝5時に起きて、子供のお弁当を作り、


保育所に送り、その後会社に出社する。


保育所のお迎えだけは自分の母親にお願いする。


会社からまっすぐ実家に子供を迎えに行く。


子供を寝かしつけてから洗濯と掃除。


探偵がこのご主人とお話をすると


とにかくこのご主人は「だいじょうぶ」ですを繰り返す。


ある時、このご主人は探偵に教えてくれました。


自分は辛い時はだいじょうぶとつぶやくのですと・・・


だいじょうぶと言っているとなんとかなるもんです・・・


探偵はこのご主人に「だいじょうぶ」という魔法の言葉を教えていただきました。


探偵はハッキリと言います。


アナタが今、辛いのであれば「だいじょうぶ」という魔法の言葉を


一日、何べんもとなえてください。




posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

札幌・興信所のみちくさ話 幸せと感じるのか? 不幸と感じるのか?

(株)アイシン興信所 代表の高橋です。


当社は札幌市で様々な調査を承っております。


探偵はたくさんの依頼人の人生に関わらせていただき、


たくさんのことを学ばせていただきます。


そのたくさんの学びの中での一つ。


幸せは今日一日をどう感じるのか・・・


「今日も一生懸命に仕事ができた、ありがたい」と思うのか。


「毎日、同じ仕事の繰り返しでつまらない」と思うのか。


「今日は美味しいラーメンを食べた、良かった」と思うのか


「今日もラーメンだった、もっと贅沢なものを食べたい」と思うのか。


「今日はいつもの時間の地下鉄に乗り遅れてしまったが


無事に遅刻せずに会社に着けた、ラッキー」と思うのか


「今日はいつもの時間の地下鉄に乗り遅れ、


込み合う時間の地下鉄に乗って最悪」と思うのか。


同じ出来事であっても幸せな人は幸せと感じ、不幸な人は不幸だと感じる。


探偵はハッキリと言います。


幸せは今日一日の出来事をどう感じるのかです。


幸せと感じるのか、不幸と感じるのかで全ての幸せが決まるのです。





posted by 札幌探偵 at 00:00| 北海道 ☔| 札幌 | 更新情報をチェックする